プチ援交

親元から離れた社会人1年生の頃、僕は軽い五月病にかかって、毎日死にたいと思っていた。彼女はおろか友達もおらず、職場では「仕事ができない奴だ」と白い目で見られて、毎日のように「何で僕は生きているのか」と、部屋の壁に頭を打ち付けながら生きる意味を考えていた。
そんな僕を救ってくれたのは、オンラインゲームだった。たかがゲーム、されどゲームだが、ゲームに没頭している時だけ、僕は人生の辛さを忘れることができた。
人生の主軸を仕事からゲームに置いたことにより、辛い日々に変わりはなかったものの、少なくとも自殺を考えることはなくなったように思う。
そして、ゲームをコミュニティーにして人とのつながりができた。ゲーム内では顔を合わせることがないので、緊張も気遣いもなく人の輪に入れる。僕が所属したコミュニティーは、上は40代、下は10代と様々な年齢の老若男女が集い、楽しいつながりだった。ゲームそのものよりも、彼らとのコミュニティーの方が当時の僕を救っていたのかもしれない。
プチ援交
だが、そこに誰かがプチ援交を持ち込んだのである。オフラインミーティングでのことだ。その現場がいつしかプチ援交の場になっていったのである。早い話、男性プレイヤーが女性プレイヤーを食い始めたわけだ。
いや、逆かも知れない。女性プレイヤーが小遣い稼ぎに男性プレイヤーにたかり始めたという表現の方が正しいだろう。かく言う僕もオンラインの時に、ある女性プレイヤーから「援助してくれたらデートくらい付き合うよ」と、プチ援交を持ち掛けられたのである。
正直に言ってリアルでは女性とは全く縁がなかった僕なので、心は揺らいだ。地方の子だったので旅費はかかるが、会ってみれば人生が変わるのでは?と思った。ただ、それは叶わなかった。僕が返事を躊躇している間に、その女の子は他のすぐに会えるプレイヤーの方に走ってしまったからだ。
ちなみに、その女の子とは今でも交流があって、今はシングルマザーである。プチのつもりが勢いで最後までいっちゃって、それが一発必中だったのだ。
「あの時、○○が私の誘いに乗ってくれていたら、人生も変わっていたかもしれないなあ」などと言ってくる。
確かにそうかもしれない。今頃、僕がパパだった可能性もある。まあ、タラレバ言っても仕方がない。生活に困っていると言う彼女に口座から現金を振り込みしつつ、今日も僕はゲームを続けている。
待ち合わせ痴漢
待ち合わせ痴漢掲示板

お金欲しい掲示板

お金欲しい掲示板で書き込みしたら、闇金みたいな怪しい金融会社紹介されちゃった。
銀行は貸してくれないし、実は普通のア○ムみたいなところも借りまくってた時期があって、ブラックリスト入りしちゃってて、借りれないし。
その頃、知り合いとか友人とかにも迷惑かけまくってしまったために、今現在頼れる人もいないわけ。
それで、お金欲しい掲示板で書き込みしたんだけどねー。
金融会社紹介されて、一応相談に行ったんだよね。ブラックリストに入っちゃってるから借りれないって話もちゃんとした。
だけど、そのスタッフの人、女性だったんだけど、すごく対応いいんだよ。感じもいいし、「大変でしたね~」ってそういう一言でほっとすることってあるでしょ?
どうせ借りれない、借りれたとしてもすごい利子がついたりして、ウシジマ君出てくるに決まってる・・・って思ってた。
食事デートをするだけでお金を3万円もくれる人と出会う
だけど、全然そんな感じじゃなくて!
利子はもちろんつくけど、法定内だしね。
審査は一応されたけど、ほんっと簡単にぱっとお金借りれたんだよね。
私の場合、収入がそんなにないっていうのもあるから、大金は無理だったんだけど、五万は借りれた。
五万あれば今月なんとかなる!って思ってさ。
それもありがたかったんだけど、お金欲しい掲示板で書き込みしてた時は、どこに行ってもひどい対応されて、人間扱いされてなかったんだよね。
こんな風に「お客様」扱いされて丁重にお茶も出してもらえて・・・お金ないけど、ちゃんと人間扱いしてもらえたってことが嬉しかったんだよね~。
支援してくれる人
パトロンとは

レンタル彼女を利用して分かったセフレに発展するデート相手探し術

28年間の人生の中で、ただの一度もモテた経験などがありません。
デブだし格好悪いし甲斐性もない自分には恋人を作れた経験が全く無いのです。
中学生ぐらいの頃から彼女が欲しい、こんな気持ちが芽生えるようになっていましたが、自分にははるか夢の存在だったのです。
同級生たちは恋愛をしてデートを楽しんでいるのを横目に、ただひたすら指をくわえてそれを見ている状態が続いていました。
自分にも恋人が欲しいデートがしたいと言う気持ちは常に持っていたのですが、そんなチャンスもなく今に至るのです。
自分がモテ男だったらどんなに良かったのか、そんなくだらないことばかり考えるようになっていました。
デートって何だかとっても楽しそうで、恋人同士で食事をしている姿とかでを繋いで散歩をしている姿などを見ると、いたたまれない気持ちになってしまうのです。
自分だって一度くらいそんな経験してみたい、だけどモテないですから実現することなど不可能だと言うのはよくわかっていました。
手に入らないものほど手に入れたくなるもので、たった1回のデートでもいいからという気持ちになっていたのです。
そのような頃に見つけたのがレンタル彼女の存在でした。
初めはなんのことか分からなかったのですが、テレビ番組を見ているととても興味を持つようになっていました。
デートする相手をみつける事ができるサービスのようで、レンタル彼女となんちゃってでもいいからラブラブな雰囲気を味わってみたいと思ったのです。
女性と二人きりでどこかに出かけるなんて経験はありませんから、あくまでもサービスだけれどそれでも自分には満足できると言う気持ちになっていました。
テレビで見かけたレンタル彼女で、人生で初めてのデートを楽しむ決意をしたのでした。
初めて女性と出かけると考えるだけでも、妙な高揚感に包まれてしまいました。
考えれば考えるほど楽しいことばかりが起こりような気がしてて、絶対に至福の瞬間を味わえるに違いないと思ったのです。

女性と二人きりで会ってどこかに出かけていく、まさに自分が描いていたことをすることが可能になる。
考えただけでもゾクゾクしてしまうくらい興奮してしまいました。
レンタル彼女というサービスを利用して、知らない女性と知り合って食事に出かけたりする、夢の時間の始まりだと思っていたのです。

名前:窪田 亮
性別:男性
年齢:28歳
プロフィール:
非モテの代表みたいな自分は、今まで一度も恋人を作ることができないでいました。
28年間の間にデートをしたこともなく、悲しい人生を送っていたのです。
そんな時に知ったのがレンタル彼女の存在でした。
一度ぐらいデートを楽しんでみたい、そしたら自信も付くかもしれないと思って手を出したのですが、請求をされた時にとても虚しい気分になってしまいました。