出会い系のセフレ

今まで人生詰んだって思った最悪の出来事は、出会い系のセフレ女に「妊娠したかも」って言われた時かな~。
よくある話とまとめてしまえばその程度のことかもしれないけど、当事者になると絶望感のリアリティーが違うな!
出会い系のセフレだぞ?そんな女に自分との深い関係ができてしまうと思うと、もう絶望感しかないぞ。
堕胎の方向で話を進めたとしてもだよ?「出会い系のセフレに一度堕胎させた男」という烙印を(自分史に)刻んでしまうという絶望感な。
相手がなんか間違ったナチュラリストで「産む!」とか言いだした場合は、また別の意味でその出会い系のセフレと生涯にわたり、子どもを介して深いつながりができてしまう。
いや、マジで、鬼畜だとは思うが・・・例の日本における凶悪な死刑囚みたいに、「ドラえもんがなんとかしてくれると思った」ようなことを考えてしまう、そういう自分も鬼畜か!という絶望感。
出会い系で援交
出会い系のセフレ女ごときに、自分の人生詰んでしまうという現実は本当にリアルな絶望でしかなかったよな~。
まぁ、俺の場合、日ごろの行いが良かったのか、妊娠検査薬は陽性だったらしいが、その後生理が来たらしい。
初期流産みたいな感じで流れてしまったんだろうな。
俺、その時に誓ったもん。
「今後一切、どうでもいい女と関係は結ばない」って。
誓ったんだけどね(笑)
チャンスがあったら突っ走るというのも、また俺にとってのリアルだったりするんだよな~悩ましいことに。
喉元過ぎればって言うけど、男ってホント最悪の生き物だよな。
テレフォンセックス掲示板
セックスが目的で出会い系を使う

支援してくれる人

スナックで働いていた時に知り合った佐藤さん。彼は私に「君みたいな人ならお店を自分で持って商売した方がもっと稼げるよ。自分でお店を持たないか。支援してあげるよ。」と、言ってくれました。最初はそんな話をされてもやって行く自信がありませんでした。だけど、その年は私を指名してくれるお客さんが増え、お店の中でも一番の売り上げになったこともあってそれが自信になり、再び佐藤さんが支援してくれる人になってくれるならお願いしますと伝えてから半年後自分のお店を持ちました。
お金の無償支援
ところが、お店のスタッフにいい子が集まらなく、そのせいでお客さんも少ない。支援してくれる人だった佐藤さんも私から離れていき、少しずつ借金が膨らんでいきました。もう無理だ。店を辞めて自己破産するしかないと思っていた矢先に来店してきた新規のお客さん。名前は吉田さん。彼は毎週のように来店してお金をたくさん使ってくれます。さらに、困ったことがあったら相談のるからねと言ってくれます。私は彼の優しさにだんだん惹かれていきました。お客さんがいないときは多めにお金を置いてくれるし、私が体調悪い時は気を使ってくれたりと、私は彼のことが好きになり彼も同じと言ってくれました。そして、彼からプロポーズをされて私は彼と結婚を機に店を辞めました。彼が収入がある人だから私はのんびりの生活ができます。でも彼は仕事の付き合いでキャバクラとかは行くから浮気されないように気をつけたいと思います。

ゴム有
ゴムフェラ

パトロンとは

よく行く飲み屋は店が小さく、常連のお客さんはすごく良い人で一人が寂しい時はよく行ってます。今日も私はお店に行きました。その理由はパトロンに別れようと言われたからです。理由を聞くと私より若い子と付き合っているからと言われ年には勝てないので悔しくて悲しくなりました。だけど、この話を飲み屋でしてもパトロンとは何とか説明しなきゃいけなそうで、彼氏に振られたという事で飲み屋に愚痴をこぼしていました。すると、常連客の1人涼ちゃんから「振られたからってメソメソするな。30代後半で結婚に焦ってるんだろう。大丈夫。売れの残ったら俺が結婚してあげるよ。」
パトロンとは何かを知らなかった私が無償でお金くれる人と出会うまで
サラッと冗談みたいな告白でも嬉しかった。
その後、私は違うパトロンを見つけて悲しさを忘れようと思いました。すると、涼ちゃんから「この前の返事もらってないよ。」と、メールが届きました。本気なのかと思いました。パトロンを見つけたい私。涼ちゃんはタクシードライバーで稼ぎが少ないのは知っている。彼氏ではなくパトロンが欲しいと言いたかったけれど、パトロンとは質問され、答えて幻滅されて飲み屋に行きづらくなるのも嫌だし、振って行きづらくなるのも微妙だし、どっちも微妙と思ってしまい返事を保留にしてもらいました。
その後も飲み屋で会うと涼ちゃんから「まだ、決まらないの。」と、聞かされてしまいます。「お金があれば付き合っても良いよ。」と言いたいけれど言えない私は今日もうまく誤魔化していました。
パパ募集掲示板
パパ募集掲示板