MENU

 同僚がPCMAXで見知らぬ女性とデートを楽しんでいることを耳にして、自分もそれを実践して行こうと思いました。
レンタル彼女は大金を支払った瞬間に激しい虚しさを覚えましたが、今回は純粋な遊び仲間を作るという事もあって前のような嫌な気分になることはないと思っていました。
登録して掲示板に書き込みをしていく事にしました。
「食事をご馳走しますから、一緒に食べてくれる方いませんか?」
どっかこれだけの文句を書き込むだけで、本当に相手から連絡が来るのかどうか、この部分は随分と不確かだと感じてしまいました。
顔が見えない世界だから、このような形で本当に出会いを見つけられるのかどうか、今一つピンときませんでした。
「じっくり攻めて行けば何とかなるから」
同僚にこのように言われていましたから、それなりの時間をかけて相手を見つければいいかなという気持ちでいました。
数日が経過してメールボックスを確認すると、女性からアプローチされていました。
急いで開封してみたのですが、どうやら家出中で食事に困っている様子でした。
「早めに食べさせてもらう事できますか?」
「すぐにでも大丈夫だけど、どこにいるの?」
「◯◯駅の近くなんだけど」
そこまで20分足らずで到着しますから、すぐさま出かけていく事にしました。
本当に無事に相手と会うことができて、そのまま食事に出かけることになったのです。
知らない女性と初対面、相手は20歳の女性でかなり可愛いのでビックリでした。

ゆっくりと食事を食べて、会話も随分とすることができたのです。
カラオケに行きたいと言われたので、無事の後のカラオケボックスで歌を一緒に楽しんで行きました。
食事を食べた後だからとっても元気な彼女、明るい笑顔も見せてくれて楽しいひとときを過ごすことができたのです。
ミニスカートだったから、歌って踊っている最中にパンツがチラチラ見えてドキドキでした。
刺激的な経験をすることができて、出会い系だったらデートができることが分りました。